【開催告知】『社内でのアイディア出しに頼らない新規事業立ち上げ  コーポレート・ベンチャーキャピタルの活用方法』(新社会システム総合研究所主催)

社長の冨田賢が、

『社内でのアイディア出しに頼らない新規事業立ち上げ コーポレート・ベンチャーキャピタルの活用方法』(新社会システム総合研究所主催)と題して、

ホテルニューオータニ内の紀尾井フォーラムにて、3時間、講演いたします。


★御案内チラシ及び申込書のPDFは、こちら!CVC_SSK_20190520

★新社会システム総合研究所さんのWebのお申し込みページは、こちら!

 

日時 会場

2019年5月20日(月) 午後2時~5時 紀尾井フォーラム

千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

 

[重点講義内容]

新規事業を社内でのアイディア出しで行おうとしても、なかなかうまく行かない、あるいは、社内の研究開 発からの技術だけでは、市場とつながるところまで、なかなか持って行けないといった課題が多くの企業が 抱えている。それを、解決するのが、オープン・イノベーション戦略であり、そのツールが、コーポレート・ベン チャーキャピタル(CVC)である。特に、内部留保を有する企業にとっては、CVCの設立は、大きな経営テー マとなる。CVCファンドの設立をして、先駆的に新規事業に取り組んでいる企業に追いつくには今しかない。 当セミナーでは、講師が実際に日々行っている業務を踏まえ、CVCとは何か?からファンドの設立、投資判断 のコツまで優しくわかりやすく、徹底解説する。

1.社内でのアイディア出しや研究開発からだけの新規事業立ち上げには限界がある!

2.コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)は何か? 一般的なVCとの違い。

3.なぜ、CVCでベンチャー企業に投資する必要があるのか?そのメリットとは?

4.CVC設立で、オープン・イノベーションを疑わずに、しっかり実践してみよう!

5.ROEやPBRの向上といったIR効果もあるCVCの設立。CVCのPR効果で株価UP!

6.CVC設立の形態、運営、報酬、困難さ、権限委譲、リスク管理など実務面の解説

7.どのようなベンチャー企業に投資するか、どのように見つけるか、どのように交渉するか?

8.投資の投資審査(デュー・ディリジェンス)、リスクの見極め方、意思決定方法

9.投資先ベンチャーとの連携による新規事業立ち上げをどのように進めるか?

10.世界とつながることで、強くなれる!海外スタートアップ企業投資のススメ。

11.質疑応答(新規事業立ち上げ全般についてのご質問もお受けします。)