<メルマガ配信>【冨田賢】この3月、TCコンサルティングは「CVC JAPAN」へ社名変更します!

久しぶりに、メルマガを、約7000名の方々に配信させていただきました。

下記、掲載いたします。

================================

【冨田賢】この3月、TCコンサルティングは「CVC JAPAN」へ社名変更します!


皆さま、ご無沙汰しております。
旧社名・ティーシーコンサルティング社長の冨田賢(とみたさとし
です。

このたび、約10年間、経営コンサルティング業を行ってまいりました
当社の社名を、

 ●新社名:コーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン株式会
 ●略 称:CVC JAPAN

に、2019年3月1日~、会社名の変更をいたしました。


この2か月、コーポレート・アイデンティティも検討しました。

 ●キャッチフレーズ:”今、ここにない未来を描く。”
 ●サブ:”世界とつながることで強くなれる。その扉をつないでくれた
     のが、CVC JAPAN”
 ●事業内容:CVC JAPANは、独立系コーポレート・ベンチャーキャピタル
       として、企業と技術、アイデア、人をつなぎ、
       未来を担う新しい事業を創造していきます。


CVC JAPANのWebも、すでにオープンしています。

 ▼新しいWebサイト(日本語・英語)は下記です。
  https://www.cvcjapan.com/
  ※これから、どんどん、コンテンツを拡充していきます。
   すでにCVC設立の7つのメリットや当社の海外ネットワークなど
   様々、載せております。トップ画像、こだわってみましたので、
   ぜひ、ご覧いただけましたらと思います。


【社名変更の経緯】
私は、2016年9月に慶應義塾大学でアライアンス研究にて博士号を取得
http://www.tcconsulting.co.jp/profile/academic
して、2017年3月から立教大学大学院・教授に就任しておりますが、
その間、2017年10月に、東証1部上場のトーヨーカネツ株式会社様と
CVCファンドを設立し、カリフォルニアや東京のベンチャーに投
実行し、投資運用が順調であるため、さらに2018年10月に、2号ファンド
を設立いたしました。2号ファンドからは、シンガポールにも投資エリアを
拡大しております。

(昨年、私は、16回、海外出張をしました。国際学会で4回発表した以外は、
投資活動で、米国に13回行きました。その他は、欧州。)

経営コンサルティング事業も、現状、20社弱のコンサルティング先企業様から
ご依頼を継続していただいておりますが、当社の中でのCVCファンド運用の
位置づけの大きさ・拡大、そして、日本企業や社会におけるCVCファンド運用の
必要性・重要さを鑑み、約1年間の準備期間を経て、社名変更に踏み切ることに
させていただきました。

すでに、ロサンジェルスやサンディエゴなどのAIやIoTを中心
としたスタートアップにに投資をしており、
今年からシンガポールにも投資対象を拡大しています。
もちろん、日本国内も投資対象です。
なお、私は、カリフォルニア大学サンディエゴ校の客員研究員にも就任しました。


【目指していること】
今後、大手企業だけでなく、とりわけ、準大手企業や業歴の長い中堅企業の
新規事業立ち上げのためのCVCファンドの設立から運用を請け負い、企業と
社会の役に立ちたいと思っています。

CVCファンドは、オープン・イノベーション戦略の有力なツールであるとともに、
株価向上対策(IR効果)もあります。

「CVCって何?」については、下記をご欄ください。A2サイズのパンフレットを作成しました。
==> https://www.cvcjapan.com/pdf/CVCJAPAN.pdf

CVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)に関する基礎知識は、こちら
==> https://www.cvcjapan.com/about/

CVC JAPANは、新規事業のためのCVCファンドの受託運用会社として、日本の
No.1会社を目指します。それが、私たちの意気込みで、その競争力が社会に
役立つ源泉になると思っています。

会社経営は、11年目となりますが、また新しいチャレンジとなります。


【2019年~2020年はCVCの設立が経営の大きなテーマになる!】

2014年から好業績だった企業、他方、将来の収益源に不安を感じる企業は、
今後の経営を見据えた際、何をすればよいのであろうか?

それは、CVC設立によるオープン・イノベーション戦略の推進で
新規事業立ち上げである。

2019年、2020年は、まさに、CVCが経営戦略の主役となる年となる。
オリンピック・イヤーでもあり、まさに、新しいことに取り組む勝負の年
となる。

==>このCVC JAPAN 社長・冨田賢・コラムの全文は、こちら!
   https://www.cvcjapan.com/column/


【TCコンサルティング部門について】
社名は、変更いたしますが、これまでの経営コンサルティング事業は、
「TCコンサルティング部門」として継続し、新規の受託も行っております。
3月1日も、さっそく、東証1部上場企業様から受託させていただきました。
TCコンサルティング部門も引き続き、よろしくお願いいたします
http://www.tcconsulting.co.jp/ のサイトも少し改良して、今後も存続させ、
さらに増強していきます。


【セミナー開催告知およびセミナー開催報告】
掲題については、これまで通り、
http://www.tcconsulting.co.jp/ のトップページの上のほうの
タブから、セミナー開催告知も、セミナー開催報告も、そして、
TCおよびCVC JAPANとしてのお知らせも載せていきます。
年数回行っている日経BP社さんの『日経ビジネス』主催セミナー
開催情報や開催報告も、掲載しています。


【冨田賢へのメール】
冨田のメールは、今後、
tomita@cvcjapan.com
となります。これまでの
tomita@tcconsulting.co.jp
や、立教大学・教授としてのアドレス
tomita@rikkyo.ac.jp
も継続して利用していきますが、
tomita@cvcjapan.com
がメインとなります。


【オフィス住所について】
オフィスは、これまでと変わらず、
銀座線・外苑前駅から徒歩3分(いちょう並木側の出口から)、
青山一丁目駅(ホンダの本社側から)から徒歩5分の
青山通りの南青山ビルの7階です。
https://www.cvcjapan.com/company/


【今後の増資】
今後、近いうちに、増資を予定しております。
ただし、株主割当で、冨田賢が100%の株主であることに
変わりありません。


【CVCのさらなる普及に向けて】
長くなりましたが、これから、私としては、全力で新たなチャレンジ、
頑張ってまいりたいと思っています。CVCファンド、コンサルティング、
大学教授(6科目)との平行となりますが、昨年は、過労で、1か月半の
慶應病院への入院もありましたが、今年はそういうことのないように、
健康に気を付けて、やってまいりたいと思いますので、これからも
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

CVC設立に具体的にご関心のある方は、ぜひ、ご連絡をいただけましたらと存じます。
=> tomita@cvcjapan.com


皆様のビジネスの益々のご発展を祈念いたします!


 ====================================================
 今、ここにない未来を描く。https://www.cvcjapan.com/
●コーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン株式会社
 代表取締役社長 / ベンチャーキャピタリスト
 冨田 賢   博士 (政策・メディア)
 tomita@cvcjapan.com

●〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル7階
 Tel:03-6455-5255 Fax:03-3470-8538

●立教大学大学院ビジネスデザイン研究科・教授(特任)
 研究室:池袋キャンパス・マキムホール5階 M504号室

●トーヨーカネツ・コーポレート・ベンチャーファンド
 投資委員会委員長

●カリフォルニア大学サンディエゴ校・客員研究員
====================================================