<TC コンサルティング Mail Letter>とみた さとしの『新規事業のための賢’s 情報Station』Vol.2を配信いたしました!

<TC コンサルティング Mail Letter>

とみた さとしの『新規事業のための賢’s 情報Station』Vol.2

を2013/03/26に配信いたしました!

 
メールレターの配信登録は、こちらをクリック!

 

内容は、下記となります!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        <<TC コンサルティング Mail Letter>>
                とみた さとしの
          『新規事業のための賢’s 情報Station』
               Vol.2
          http://www.tcconsulting.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

             このメールは、
  TCコンサルティングのチームメンバーと名刺交換させて頂いた方や、
       冨田の講演会、セミナーにご参加頂いた方など、
     TCコンサルティング・社長の冨田とお付き合いがある
     【大切な方】のみにお贈りさせて頂いております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【CONTENTS】
┏ → 1. これから10年活躍するための『新規事業・事業提携の参考書』
┏┏ → 2. 記事から学ぶ『Morning View Society』
┏┏┏ → 3. CFOマスターの『SUPER知恵袋』
┏┏┏┏ → 4. 編集後記

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┓ 1. これから10年活躍するための『新規事業・事業提携の参考書』
┗■  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【 新規事業成功の秘訣は、“新規事業チーム”をうまく作れるかどうか 】


 新規事業を立ち上げる際には、
 社内で、新規事業チーム、事業開発チームなど
 新規事業を担当するチームを作ることが大切です。

 社内からアイディアを募るにあたっても、
 アイディアを出した方に「実行」する部分も担ってもらおうとすると、
 なかなか「実務的」なアイディアが出てこない状況となります。

 中小企業さんの場合、何かアイディアを出して担当することになっても、
 苦労してばかりで給料などが見合わないという“ソロバン”を社員の方が
 仕事を自ら弾いてしまうということがあります。

 給料に見合う仕事を既にやれていると思っていらっしゃる社員の方にとっては、
 あえて何かアイディアを出して新規事業を担当しても、
 急に昇進したり、大幅に給料が増えたりするのでなければ、
 新しいことをやるのは、うまく行かなかった時のリスクを抱えるだけとなり、
 消極的になってしまいます。

 そこで、社内でアイディアを募る場合、
 (外部から新規事業のネタを持ってくる場合においても…)
 新規事業は、新規事業の専門チームを作って、
 『そのチームが担いますよ』ということを、
 しっかりアナウンスすることが必要です。

 社内からのアイディア出しについては、
 『ともかくアイディアだけ、出してくださいね、
 「実行」は、新規事業チームが担いますから!』
 という形にすると、アイディアが出やすくなります。

 アイディアを出す能力と、その事業構築をして推進していく能力は
 別のものですので、その面でも、担当者を分けて考えることが重要です。

 新規事業チームを構築するにあたり、
 社内だけで不十分な場合は、外部を活用することになります。

 コンサルティング会社を活用することもその一つの選択肢ですし、
 事業提携によって外部と提携することで、
 社内の人材不足を補うことができます。

 私は最近「事業提携による人材の獲得」ということに注目しています。

 社内に新規事業を担う優秀な人材が十分いなくとも、
 外部の企業と組むことで、補っていくことができます。

 そのため、事業提携の提携先の選定においては、
 企業と企業の組み合わせの観点だけでなく、
 提携した会社にいる“人”の獲得の観点でも、
 提携先を見ることが大切です。

 「この会社と組めば、この人を新規事業チームに入れることができる」
 「この人に新規事業チームに入ってもらうために、この会社と組もう」

 という発想も重要です。

 そういった形で、成果を上げている会社があります。

 新規事業の立ち上げにおいては、新規事業チームを作る、
 そして、その構築にあたっては、
 外部企業との事業提携を“人”の獲得という目線で考える、
 ということを行っていきましょう。


 ▼”事業提携”に興味がある方はこちら
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/alliance

 ▽もっと知りたい!方はこちら
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/seminer

 ▼今すぐ相談をしたい方の駆け込み寺
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/mendan


 その他、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 (少しご返信が遅くなる場合もありますが、必ずご返信します^^

 ▽お問い合わせはこちら
 ⇒ https://www.tcconsulting.co.jp/contact

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┓ 2. 記事から学ぶ『Morning View Society』
┗■  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このコーナーでは、冨田賢が最近の時事的なニュースについて、
 分析・解説を行います。


 <Today’s Topic>
 【アベノミクス効果の波及先はお花見のお弁当!?】


 今年は、予想より相当早く桜が開花し、お花見シーズンとなっています。
 あまりに早い開花に、お花見の予定がズレてしまった方も
 いらっしゃるのではないでしょうか^^?

 ネット上の情報によると、デパートでのお花見弁当が、今年はアベノミクス効果で
 昨年より価格の高いお花見弁当が売れるのではないかと予想されているようです。

 昨年は1000円前後のお花見弁当だったものが、
 今年は2000円前後をメインにしており、これまでより1000円近くアップしています。
 更に、5000円~1万円の“豪華お花見弁当”も新たに登場しているとのことです!

 全般的に、政権交代、安倍内閣による積極的な経済政策、株高によって、
 消費者の財布のひもも緩んできているようです。

 春闘での満額回答などもありましたが、
 まだ消費者の懐にお金は入ってきていないのでしょうけれど、
 そういうムードになってきていますね。

 こういった好景気への期待による消費者の支出増は、
 これから半年、1年と続いていく流れだと、私は見ています。

 日銀総裁も交代となり、期待もできます。

 経営者にとっては、売上を増加させ、
 利益を大きくできるチャンスの経済情勢が到来すると思います。


 掲載日 2013年03月8日
 <アベノミクスで今年は豪華に!?お花見弁当フェア >
 ▼参考記事はこちら
 ⇒ http://p.tl/MyAC (東洋経済オンライン)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┓ 3. CFOマスターの『SUPER知恵袋』
┗■  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここでは、冨田賢が、CFO(最高財務責任者)の目線で、
 必要な知識などについて、解説します。


 【これから1~2年が日本でのIPO達成のチャンスの時期!乗り遅れるな!】


 IPO(Initial Public Offerings、新規株式公開)は、
 歴史的に見ても、グローバルに見ても、必ず上下の波動を描きます。
 このことは、私は、もともとベンチャーキャピタル論の大学教員、
 研究者をしていた時から、研究してきたことです。

 リーマンショック以降、低迷していた日本のIPO市場も
 昨年くらいから、回復の兆しを見せており、
 今年に入ってからは、かなり盛りあがりを見せつつあります。

 英フィナンシャル・タイムズの情報によると、

 「日本がアジアの新規株式公開(IPO)ランキングでトップに躍り出た。
 今年に入ってからのIPOの規模はアジアの他の先進国・地域合計を上回る。
 投資家が安倍晋三首相による成長志向の政策を歓迎していることが背景にある。
 日本市場でのIPOは1810億円(約19億ドル)でシンガポール、
 香港、オーストラリアの3市場合計を上回った。

 日本は世界ランキングでも2006年以来となる2位の座に上昇した。
 日銀による追加金融緩和への期待が海外からの資金を呼び込み、
 大型の株式公開を後押ししている。」

 とのこと。

 これまでの不況の中で、
 我慢しながら、収支の合う“強い”事業モデルを作り上げてきた
 経営者の方にとっては、これから1~2年が、ベンチャーキャピタルなどからの
 エクイティでの資金調達やIPO達成の絶好の時期となります。

 この機会に乗り遅れないように、専門家や経験者にきちんと相談しながら、
 準備を整えていくことが必要です。

 実際、ここ数ヶ月で、
 私へのIPOを目指すベンチャー経営者からの相談が急増しています。

 IPOの達成のためには、
 (1)「監査法人からの2期分の適正意見」
 (2)「主幹事証券会社が見つかること」がポイントであり、
 そのためにも「継続した成長性」や「内部体制の整備」などが必須です。

 ビジネスは、世の中の困り事を解決するためのものであり、
 世の中の役に立つことをやっているわけですが、
 IPOの達成によって、自らの考えや力を、世に問うて、
 そして、永続した企業にしていくことができます。

 数年ぶりのこの絶好のチャンスの時期、
 乗り遅れないようにして、IPOを達成しましょう。


 ▽感想、ご質問はこちら
 ⇒ https://www.tcconsulting.co.jp/contact

 ▼非常勤CFOにご興味のある方はこちら
 ⇒ https://www.tcconsulting.co.jp/consulting/cfo

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┓ 4. 編集後記
┗■  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます!
 TCメールレター事務局の諫山 圭子です^^

 もうすっかり春ですね!
 東京では、先週末が桜のピークでした♪

 春のこの季節、新しい動きがたくさんありますね!
 卒業、入学、入社、独立・起業、新規事業部発足など、
 ワクワクする事ばかりです。


 社長の冨田も、今回新しい事にチャレンジ。

 去る3月12日(火)に「行列のできる法律相談所」で有名な、
 丸山先生とのジョイント講演会を行いました!

 ▼ジョイント講演の開催レポートはこちら
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/archives/3280

 丸山先生との講演は、新しい視点が生まれ、
 ご参加頂いた方の満足度も、非常に高かったです!

 当日のレジュメも公開していますので、
 是非ご覧くださいね^^


 もう1つ、新しい事を始める季節にピッタリのセミナーのご案内です!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

      『今これからの時代の新規事業の立ち上げ方』
   ~新しいアイディアの新規事業で、新しい売上を作ろう!~

 講師:冨田 賢(株式会社ティーシーコンサルティング代表取締役社長)
     http://www.tcconsulting.co.jp/profile

 開催日時:2013年4月18日(木) 19:00~21:00(交流タイムあり)

 ▼詳細はこちら
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/archives/2839

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 【新規事業の立ち上げ】には、ノウハウが必要不可欠です。

 新規事業の専門家である冨田 賢が、
 そのノウハウを余す事なく解説致します!

 ▽お申込みはこちら
 ⇒ http://www.tcconsulting.co.jp/app


 ご興味のある方は、是非ご参加くださいね^^


 以上、ご案内でした!

 ◎次回配信は4月9日(Tue)です!お楽しみに♪

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    【運営会社】:株式会社ティーシーコンサルティング

   ~私たちは、事業提携により、新規事業を立ち上げ、
               あなたの会社の売上をアップします!~

       Tel:03-4530-8537 Fax:03-3470-8538

    〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル7階
    ★外苑前駅から青山通り沿い徒歩3分

     【Web site】 https://www.tcconsulting.co.jp/
     【Facebook】 http://www.facebook.com/tctomita
     【Blog】 http://www.tcconsulting.co.jp/blog
     【Twitter】 @tctomita

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ◆メールレター購読会員受付中!◆

        ご登録は何名様でも、複数アドレスでも可能です!
       現在ご登録でないアドレスへのご送付をご希望の方は、
            下記アドレスまでご連絡くださいませ。
      (アドレス変更をご希望の方も、こちらまでご連絡ください)

 【ご登録先はこちら】
 ⇒ https://www.tcconsulting.co.jp/mailmagazine

 ◇配信停止はこちらから承ります。
 ⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=i522


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/