社長・冨田賢が 立教大学MBA・教授に就任!

冨田の教授としての担当科目

  • テクノロジー&ストラテジー(IoTやAIを中心とした技術の事業化)
  • ビジネスデザイン特講2A(アライアンス戦略論)
  • ビジネス・シミュレーション(ビジネスプラン作成)
  • 修了研究A・B(ビジネスリサーチ及びビジネスデザイン)
  • 経営学特別研究
など、6科目です。

冨田の研究室の所在地

立教大学・池袋キャンパス マキムホール(15号館) 5階 M504号室
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
・キャンパス・マップは、こちら!
・キャンパスへのアクセスは、こちら!

冨田賢の略歴

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・後期博士課程修了、政策・メディア博士(Ph.D.)取得。★博士号取得研究の内容はこちら
京都大学大学院経済学研究科・修士課程修了、経済学修士。慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業。米国系銀行を経て、独立系ベンチャーキャピタルの立ち上げに参画し、多くのベンチャーに投資し、上場へと導く。2001年、VC会社も2年半で上場達成。
2003年~大阪市立大学大学院創造都市研究科・専任講師(ベンチャーファイナンス論、ベンチャーキャピタル論、ビジネスプラン作成等)。
米国ペンシルバニア大学及び中国上海交通大学にて在外研究。
住友信託銀行の専門職を経て、2008年~株式会社ティーシーコンサルティング代表取締役社長。アライアンスによる新規事業立ち上げを中心として170社以上のコンサルティングを実施。IoTの事業化やAI活用に注力。2017年4月〜立教大学大学院ビジネスデザイン研究科・教授に就任。
著書に『IoT時代のアライアンス戦略 〜人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案』(白桃書房)、『新規事業立ち上げの教科書 ~ビジネスリーダーが身につけるべき最強スキル』(総合法令出版)、『世界のエリートが教えるちょっとした仕事の心がけ』(マイナビ新書)、『これから10年活躍するための新規開拓営業の教科書』(総合法令出版)などがある。
Academy of Management会員。

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(立教ビジネススクール:RBS)の御紹介

当研究科は、ビジネスの構想力と戦略的思考を育成・開発するMBAコースであり、意欲あるビジネスパーソンを対象にしたビジネススクール型大学院です。コア科目であるビジネス・シミュレーションとビジネスデザインを中心にカリキュラムが編成され、事業構想の実現に必要な専門知識を総合的・体系的に修得するための豊富な選択科目が提供されています。
ビジネスのフレームワークを理解し、創造的ビジネスプロジェクトを構想する戦略的思考能力と豊かな学識を備えた人材の育成を目指しています。 Webサイトは、こちら!
立教大学ビジネスデザイン研究科(立教ビジネススクール:RBS)
委員長は、亀川雅人教授です。

亀川委員長のインタビュー記事
「事業開発のキー人材“ゼネラリストのスペシャリスト”とは何か、その育成に必要なことは?」は、こちら!

関連ぺージ