冨田賢の学術研究(アライアンスの数理モデル構築の査読論文やアワード受賞)

冨田賢の学術研究(慶應義塾大学から博士号取得) ~アライアンスの相互補完数理モデルの提案と応用~ 

2016年国際学会 アワード受賞
社長の冨田賢は、2014年4月〜2年半、慶應義塾大学(大学院政策・メディア研究科)からの博士号取得に取り組んでまいりました。下記のように、4本の査読論文がアクセプト・掲載されました。
また、2016年1月には、ハワイで開催されて国際学会にて、優秀な研究に与えられるアワードを受賞いたしました(こちら!)。

2016年6月22日、研究科委員会にて、満場一致で、博士(政策・メディア)の取得が承認されました!2016年9月15日、慶應義塾大学・三田キャンパスにて、博士号の学位記を受領いたしました!(写真などは、こちら!

指導教授の武藤(たけふじ)佳恭先生をはじめ、ご指導・ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

このWebページの最後のほうに、博士論文のPDFファイルや公聴会でのプレゼン資料も掲載しております。また、博士号取得までの軌跡として、審査会や授与式他の写真も様々、多数掲載しております。
  • 査読論文1

    冨田賢・武藤佳恭(2015) 「アライアンスの相互補完数理モデルの構築と実証分析
    ~152社のコンサルティング先企業データを用いて」
    『経営会計研究 第20巻第1号』(日本経営会計学会)掲載
    2015年10月発行済み

    論文のPDFは、クリック!
  • 査読論文2

    Satoshi Tomita & Yoshiyasu Takefuji(2016) ”A Mathematical Model for Optimal Corporate Alliances : Evidence from Japan” International Journal of Management and Marketing Research(IJMMR), Volume 9, Number 1, 2016、
    2016年6月発行済み

    論文のPDFは、クリック!
  • 査読論文3

    冨田賢・武藤佳恭(2016) 「アライアンスの相互補完・加算・相乗に関する数理モデルの提案とPython言語による実証~152社の企業データをもとに~」 『ビジネスクリエーター研究第7号』(ビジネスクリエーター研究学会)、
    2016年6月発行済み

    論文のPDFは、クリック!
  • 査読論文4

    冨田賢・武藤佳恭(2016)
    「アライアンスの相互補完数理モデルにおけるギブ・アンド・テイク -フロー・インテンシティとフロー・バランスによる理論的説明-」 『経営会計研究 第21巻第1号』(日本経営会計学会)
    2016年12月発行

    論文のPDFは、クリック!

Award

2016年1月5日に、ハワイ・ホノルルで開催された
『Global Conference on Business and Finance』にてSatoshi Tomita & Yoshiyasu Takefuji(2016) ”A New Mathematical Model of Mutually Complementary for Corporate Alliances : Selection of Optimal Partners using Eight Characteristics”を発表。
アワード(Outstanding Research Award)を受賞!

学会でのアワード受賞の様子は、クリック!

学会での発表内容は、クリック!

冨田賢・博士論文(慶應義塾大学)

冨田賢の博士(政策・メディア)の博士論文を、PDFにて公開いたします。
『企業間アライアンスの相互補完数理モデルの提案と応用』
博士論文(Doctoral Dissertation)は クリック! 

2016年5月14日に実施された公聴会でのプレゼン資料は、クリック! 
※冨田賢の博士論文の内容を、プレゼン資料の形でまとめたものとなっております。
審査過程の御報告
■ 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科での博士号取得の審査委員会(最終試験)に合格いたしました!
  (2016年6月1日) 写真など、クリック!


■ 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の研究科委員会にて、
  博士号取得の最終合否判定の投票が行われ、合格いたしました!(2016年6月22日)
  これにて、博士(政策・メディア)の取得が確定いたしました。
  後期博士課程を3年ではなく、2年半での早期修了する承認もいただきました。

学位授与式の様子
■2016年9月15日、慶應義塾大学・三田キャンパスにて、
  学位記授与式が行われ(冨田賢は、研究科の副代表)、博士(政策・メディア)の学位記が授与されました!(授与式の写真などは、こちら!

博士号取得の思い出

関連ぺージ