[戦略系9] ビジョンと行動指針による組織変革(社員教育)の 戦略コンサルティング4

社員のモチベーションに関する疑問 なかなか上がらない社員のモチベーションには問題点と解決策があります!!

社員のモチベーションに関する問題点と解決策

社員が言われたことしかやらず、
また、言うことを聞かないのはなぜか?
中小企業の社長さんの共通した悩みとして、社員が言ったことしかやらない、言われたこと以外、能動的にやらない、言ったことも何度言ってもミスする、社員が育たない、社員がやる気がない、といったことがあると思います。

なぜそうなるのか?

それは、会社に明確なビジョンがないからです。
そして、ビジョンを達成するための行動指針を作って、
社員に浸透させていないからです。
ビジョンをしっかり作成して、その達成のための行動指針を、
何百万回、何千万回でも同じことを社員に言う覚悟をもって、
社内に徹底して浸透させていきましょう。
社員が社長の考えや方針を理解せず、
思ったように動いてくれないのはなぜか?
社員の方々が、社長さんの言ったことに従ってくれない、社長さんの打ち出した方針を理解しない、といったことも、しばしば見られる現象です。

それはなぜか、

やはり、ビジョンの作成と設定をしていないからです。
社長さんの思い付きにすぎないと社員が思っていたり、
なぜ社長さんがそのようにしようとするのか、
そのように言っているのかを、
社員が理解できていなかったりしているのです。
そのためには、明確なビジョンを設定して共有し、
社長さんが何か方針を打ち出したり、社員に指示を出したりする際には、 そのビジョンに必ず紐づけて、話をすることが大切です。
多少、こじつけでもかまいませんので、ビジョンにこじつけて、
なぜ、それをやるのか、そのように言うのかを、ビジョンの達成という
名目を踏まえて、社員の方々に話をしていくことが必要です。そうすると、 格段に、社長さんの考えや方針、指示が社員に正しく伝わりやすくなります。
営業マンがなぜ、はっぱをかけても、
マンネリとなって頑張らないのか?
営業マンに、どれだけ、はっぱをかけても、そして、歩合制などのインセンティブ報酬体系を提供しても、営業マンが、なかなかやる気を持って、頑張ってくれないことがあります。 営業部門が、ムチ打てど、響かず…という状況に陥っている会社は多いです。

それもまた、何のために、売上を上げるのか、何のために営業をするのかといったビジョンを設定・共有できていないためです。
何のために仕事をするのか、何のために営業をするのか、
何のために売上を上げるのか?など、一人一人の社員の方に、
自分の仕事が会社全体やお客様、社会とどのようにつながっているかを、
より深く理解してもらうようにすることが大切です。

それにより、ティーシーコンサルティングは、
社員の方々の意識を高めていき、情熱を持って、能動的に、
自ら動く社員となるように育てていきます!

会社は、一人一人の社員の集合体である!
一人一人のレベルアップが大切!

会社は、一人一人の社員の方の集まり、集合体であると言えます。 そのため、一人一人の社員の意識、スキル、知識、人間性のレベルアップが大切です。 “強い会社”の社長さんは、社員教育に力を入れている方が非常に多いです。 “人”は、バランス・シート(貸借対照表)には載りませんが、資産だと言えます。

社員教育に力を入れることが重要で、そのためにも、ここでご紹介させていただいたようなビジョンや行動指針を作成し、それに基づいて、ブレずに、しっかり社員教育を徹底しておこなっていくことが大切です。

それにより、一人一人の社員の方がレベルアップすれば、会社もレベルアップし、発展します。これが、会社を伸ばすための最も重要で、実は近道であると言えます。

ビジョンと行動指針による組織変革(社員教育)の 戦略コンサルティングに関するお問い合わせはこちら ※継続したコンサルティング・サービスの導入をご検討されている企業様のみ無料とさせて頂きます。