[戦略系8] 社内意見調整&社長の考え方変革の戦略コンサルティング

業歴のある日本企業では、古いやり方や社内の力関係などで
正しい方向に進まないことがあります。
また社長がサラリーマン時代と同じ考え方だと会社経営を続けていけません。
停滞ムードからの脱却を目指しましょう!

組織の問題を改善します!

TCコンサルティングでは停滞ムードが蔓延してしまった、数多くの会社を「突破力」により改善してきました。
その「突破力」を用いて、今度はあなたの会社の問題を解決させて頂きます!!

このサービスは2つあります

  • 社内意見調整の戦略コンサルティング⇒大手企業や業歴ある中小企業向け
  • 社長の考え方の変革の戦略コンサルティング⇒中小企業の社長さん向け
社内意見調整・社長の考え方変革の戦略コンサルティングに関するお問い合わせはこちら ※継続したコンサルティング・サービスの導入をご検討されている企業様のみ無料とさせて頂きます。

サービスについて

社内意見調整の戦略コンサルティング

○リスクが取れない。
○固定概念が強い。
○考え方を変えない。古いやり方を変えない人がいる。
○モチベーションが低い。停滞している。

○前向きでない。 このような考えが蔓延している会社では成長は望めません。
「ちょっとずつ、まずやってみる」という意識にするためには、踏み切れないところから「突破力」で抜け出すことが重要です。

原因の特定を行い、これまでのコンサルティング経験をもとに、最適な方法をご提案し、意見を剛腕に取りまとめて、話を前に進めます。

日本企業は年功序列、」終身雇用が前提となっているため、社内の意見を言いにくい風土があります。
正しい正しくないよりも、会社で貢績のあった方の意見が通ってしまうこともあります。
オーナー社長の会社でも社員の方との意思疎通の面で難しいことがあります。

そんな時、当社は社外の立場となりますので、正しいことを思いきって言っていくことができます。
冨田賢の協力な交渉力と強腕な突破力で、社内の意見調整をして、 会社を正しい方向へ意思決定させます。

新規事業の立ち上げが進まない理由を打破する!

新規事業の立ち上げや新しい取り組みが前に進まない原因として、次のようなことがあります。
  • これまでのやり方、古いやり方を変えたくない人がブレーキをかけてしまう。
  • 組織が縦割りで、セクショナリズムが強くなりすぎて、全社的な取り組みが進まない。
  • 新規事業の進め方においても、営業部門の意見が強すぎ、正しい判断ができない。
  • 皆が失敗を恐れ、意思決定をすることを避けてしまい、決断力がない。
  • 新規事業の正しい方向性がわかっていても、社内の力関係で、はっきり正しいことを言えない。
  • 言いだしっぺにやらせる風土があり、自分の担当となって苦労することを嫌い、
     皆がアイディアを出さない。
  • 漠然と会社はなんとかなると考え、新しいことをしなければならないという危機感が不足している。
  • 当社ではこういうことはやらない、こういうことはこうするといった固定概念が強すぎる
あなたの会社では、上記のようなことはないでしょうか?
当社は、そんな状況を解決し、新しいことが前に進むようにする“突破力”をご提供します。
お気軽に、課題をご相談ください!

社長の考え方の変革の戦略コンサルティング

サラリーマンの感覚や行動パターンのままでは、
会社を成り立たせるのも発展させるのも不可能です。
社長業をプロの仕事として捉えることが重要です!

TCコンサルティングでは社長の意識改革を促すサービスを提供しています。

会社経営がうまくいかない、
ダメダメだと悩んでいる方は是非一度ご相談ください。

冨田賢があなたのモチベートして復活・成長させます!
「考え方」を変え、「行動」を変えれば、
必ず「成果」は変ります。

がんばりましょう!
★戦略系8 社内意見調整&社長の考え方変革の戦略コンサルティングと
 戦略系9 ビジョンと行動指針による組織変革(社員教育)の戦略コンサルティングは密接に関連しています。
 戦略系9にも、豊富にコンテンツを事例も含め、掲載しておりますので、是非、ご覧ください!
 こちらをクリック!
社内意見調整・社長の考え方変革の戦略コンサルティングに関するお問い合わせはこちら ※継続したコンサルティング・サービスの導入をご検討されている企業様のみ無料とさせて頂きます。

関連ぺージ