”強み”を引き出し、”強み”を打ち出すプロモーションの推進

気がつかなかった強みを引き出す

  • どんな会社にも、事業が続いている限り、“強み”はあります。
    ただし、自分では自社の“強み”はわかりにくいものです。自社の”強み”は、
    自分では見えにくく、わからない、気がついていないことがあります。
  • そのため、”強み”を活かせていない会社が多く、それが売上が
    伸びない主因となっていることが多いです。”強み”を引き出すには、
    第三者の外部目線が必要です。TCが各社の”強み”を見つけて、
    引き出します!
  • “強み”のアピールの仕方をアドバイスします。具体的には、
    営業資料やWebの改良、ソーシャルメディアの活用などをサポート。
  • 会社やサービス、そして、経営者のブランディングについても、
    しっかり、アドバイスします。
  • TCの交流会やセミナーでのプロモーションや、TCの周辺企業への
    プロモーションの連携など、営業推進を応援します。

“強み”を引き出すイメージ図

“強み”を引き出し、”売上”を伸ばそう! ~”強み”にフォーカスすることが重要~

■自分の会社って、「特色や強みがないなぁ」と思っていませんか?
 いいえ、どんな会社でも、”強み”はあります。その”強み”にフォーカスし、
 明確にアピールしていくことが大切です。
■経営者の方は、何かにフォーカスすることが怖いです。売上が下がって
 しまうのではないかと心配になるからです。経営者は、多くの仕事を取ろう
 とするがゆえに、特化することが実は怖い!、そこに落とし穴があります。
■つまり、”強み”やメインのサービスを明確に打ち出していないと、
 「なんでも屋」になってしまい、結果的に、価格競争力が落ち、また、
 口コミも広がらない「特徴のない会社」になってしまいます。
■値引きされないようにして、口コミやWebからの問い合わせ、
 新規開拓営業などで売上をアップさせるには、「これが当社の”強み”です、
 この部分は、負けません」、というものを決めて、そこにフォーカスすること
 が大切です。
■その上で、Webメディアやソーシャルメディア、営業資料やチラシ、名刺など
 を改良して、”強み”を打ち出していくことで、売上は確実に増えます!

あなたの会社の”強み”を打ち出せていますか? ~”TCが”強み”の見つけ方、活かし方を伝授~

 

■あなたの会社の”強み”は何ですか? この質問にすぐに答えられますか?

 

■答えられないとしたら、”強み”に気がついていない、”強み”を打ち出せて
 いない状況になっています。

 

■社長・冨田賢の著書『これから10年活躍するための新規開拓営業の教科書』
 の第6章に掲載している”強み”の見つけ方を用いて、コンサルティング先企業の
 ”強み”を見つけ出します。

 

“強み”を打ち出していないと…、もったいない状況となる。

 

■せっかく、“強み”持っていても、それをしっかり打ち出さず、
 「なんでもできます」、「なんでもやります」といった形にしていると、
 結果として、頑張っているのに、儲からないという残念な状況に陥ります。

 

■「強み」を出していないと、こんな状況になります!

 

●社長のつてだけの“お友達営業”、“お願い外交”になってしまう。

●紹介も進まないし、口コミも広がらない。

●大手との提携もできない!

●Webでの受注もできない!

●資本力が万全でないのに、“殿様勝負”をしてしまうことに…

 

あなたの会社は、そんな状況に陥っていませんか?

 

 

事業提携においても、”強み”の打ち出しが重要です!

■TCが最もメインのテーマとしている事業提携においても、”強み”を
 打ち出さないと、提携先が見つからないということになります。
 事業提携は、各社の”強み”と”弱み”を分析し、それを補うためのものですから、
 ”強み”のない会社は、どこの会社も組んでくれないことになります。

 

■営業先のご紹介においても、”強み”が打ち出されておらず、特色のない会社は、
 ご紹介がしづらく、結果として、新規顧客の開拓が進まないことになります。
 相手先が大手企業であればあるほど、なぜ、他社ではなく、その会社を
 使うのか?、何が”強み”か?、差別化があるのか?、その会社を使うこと
 による自社にとってのメリットは何か?を、検討されることになりますので、
 ”強み”のない会社の営業は進まないこととなります。

 

 

“強み”を活かせていますか?経営者の皆さんに10の質問です!
~是非、チェックしてみてください~

 

■下記のチェックリスト10個、試してみてください。いかがですか?

 

中小ベンチャーの基本ストラテジーは、「勝てるところで、勝ちに行く!」 ニッチ戦略!

■戦略・方向性は、大企業よりもベンチャーにとって重要!ただ頑張るのではなく、
 儲かる方向で頑張る!
■勇気を出して、ヘジテイトせず、みんなと違うところを打ち出そう!
 “Do different!”
■自社の”強み”を活かしたマーケティング戦略を取ることで、
 あなたの会社の売上は、絶対に、伸びます!

ブランディングは非常に重要です!ブランディングを徹底サポートします!

 

■ブランディングをしっかり行っていない会社は、価格面での競争力が弱いため、
 値引きをしなければならなくなります。過当競争にまきこまれます。
 また、口コミも広がらず、新規開拓営業に苦労することになります。

 

■”小さな会社”ほど、営業パワーも、宣伝広告にかけられる資金も限られて
 いるわけですから、ブランディングに力を入れ、ブランド力のある会社に
 なることが重要です。それにより、顧客も、人材も、資金も、自分が
 外部に探しに行くのではなく、向こうから寄って来てくれるようになります。

 

■ブランディングには、
 ①「会社」のブランディング、
 ②「サービス」のブランディング、
 ③「社長個人」のブランディングの3つがありますが、
 TCは、それぞれの優先順位を付けながら、ブランディングのお手伝いを
 徹底的に行います。それに基づいて、Webやソーシャルメディア、
 営業資料などの改善も行い、プロモーションを推進します。
 それにより、あなたの会社の売上は、確実にアップします!

 

関連ぺージ