新規事業立ち上げのためのコーポレート・ベンチャーキャピタル2号ファンドをトーヨーカネツ(東証1部上場)と設立しました!

昨年2017年10月のトーヨーカネツ・コーポレートベンチャー投資事業組合(5億円)に

続き、

本年2018年10月に、トーヨーカネツ・コーポレートベンチャー2号投資事業組合(5億円)設立いたしました!

 

★トーヨーカネツ株式会社のプレスリリースの内容:こちら!

 

今後とも、トーヨーカネツ・グループの新規事業につながるような、

サンディエゴを中心としたカリフォルニア及び日本の

AI(人工知能)やIoT、ロボット、そして、

収益モデルに魅力を感じるベンチャー企業に投資を投資をしてまいります。



★ティーシーコンサルティングのCVC投資及びTKCVについては、こちら!

 

 

コーポレート・ベンチャーキャピタル2号ファンド設立に関するお知らせ

 

当社は、平成30年9月25日開催の取締役会において、下記の通り、コーポレート・ベンチャーキャピタル「トーヨーカネツ・コーポレートベンチャー2号投資事業組合」(以下、「2号ファンド」という)を設立することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

 

2号ファンド設立の目的

 

当社は、グループ中期経営計画(2016~2018年度)において、「新規事業の立ち上げ」を中期経営方針の一つと設定し、グループの持続的成長と企業価値向上を目指し、平成29年10月より1号ファンドである「トーヨーカネツ・コーポレートベンチャー投資事業組合」を運営し、オープン・イノベーションの推進による新規事業立ち上げのため、国内外の有望なベンチャー企業等への投資を行ってまいりました。

 

こうしたコーポレート・ベンチャー・キャピタルによる有望なベンチャー企業等への投資の取り組みを、中長期的に継続してゆくことは、当社グループの持続的成長には欠かせないものと考え、このたび2号ファンドを設立することといたしました。

 

引き続き2号ファンドでは、革新的な先端技術や収益モデルとして魅力ある事業アイディアを持つ国内外の有望なベンチャー企業等に投資を行い、投資先ベンチャー企業等と協業することで事業構築を実現し、当社グループの成長を牽引する新規事業立ち上げを目指してまいります。