冨田賢がエストニアのタリンで開催された欧州組織学会(EGOS2018)にてドイツ人研究者と国際学会発表をしました!

冨田賢が、2018年7月5日〜7日(July 5–7, 2018)に、

バルト三国のエストニアの首都タリンで開催された

欧州組織学会EGOS:34th EGOS Colloquium 2018にて、

ベルリンの大学教授及び日本の准教授の方と

学会発表をしました!

査読が通った形のフルペーパーでの国際学会発表です。

 

EGOS:European Group for Organizational Studies

は、ヨーロッパでトップの経営学会の一つで、

有名な学術ジャーナルであるOrganization Studies

を発行している学会です。


冨田賢は、セカンド・オーサー(第2著者)として、

昨年の11月から、この研究に取り組んで来ました。

日本の人工知能ベンチャーについての研究です。

 

タイトル:

Entrepreneurial Storytelling and the Rise of Robotics/AI Start-ups in Japan

 

執筆メンバー:

Thomas Schmidt*, Satoshi Tomita**,

Yuki Yamauchi*** & Jörg Sydow*

* Freie Universität Berlin, Germany, Department of Management

** Rikkyo University Tokyo, Japan, Graduate School of Business Administration

*** Doshisha University Kyoto, Japan, Faculty of Commerce

 

★投稿したフルペーパーのPDFファイルはこちら!EGOS_Japan_AI_Startups

 

★当日発表した時のプレゼンテーション資料のPDFEntrepreneurial Storytelling_EGOS2018_final