【開催報告】『デジタル時代の新規事業立ち上げ戦略 〜人工知能の利用とアライアンス活用が勝負を決める!』(リコー・ジャパン主催)

社長の冨田賢が、

リコー・ジャパン主催・情報ビジネスリコー会経営者セミナーにて、

講師として、招かれ、

『デジタル時代の新規事業立ち上げ戦略

〜人工知能の利用とアライアンス活用が勝負を決める!』

と題して、2時間、講演いたしました。


普段の冨田の講演よりも、少人数のセミナーでしたが、

リコー・ジャパンの専務さんにも、熱心にすべて、参加いただきました。

 



 

講演の内容・目次は、以下でした。

 

=====

•①継続した新規事業立ち上げの必要性とメリット

•②新規事業立ち上げで、どこに一歩を踏み出すか?
  〜企業ドメインの再定義とビジョンの作成〜
•③新規事業のメインの方向性は、人工知能の活用!
  〜人工知能の急速な進化!〜
•④IoTは、新規事業立ち上げのメイン・フィールド 
  〜複合的なビジネス構築〜
•⑤アライアンスの定義・メリット、マッチングの考え方
  〜新規事業立ち上げにおいては、
    アライアンスの活用が最大のポイント〜
•⑥競合の中で勝つという発想の重要性
  〜どこかの部分で、No.1になる!〜
=====

 


 


ご参加者の皆さんのアンケート結果は、下記の通りです。

 

===

・本日のテーマはどれも知らなかったことばかりだったので、参考になりました。

・新規事業立ち上げについて、原点に立ち返った。再構築する気づきをいただいた。

AIとIoTの関係と新規事業がアライアンスで成功へ導けられることが分かった。
・楽しく聞けました。
・久しぶりに経営者研修らしいセミナーでした。
・自社の強みを再検討したい。
・本を拝読させていただきました。今後益々のご発展をお祈り致します。
・新規事業への取り組みを行うキッカケが作れたのではと思う。
・アライアンスの有用性、NIH症候群が非常に良かった。
・アライアンスの必要性を再確認しました。

======

 

御参加いただきました皆さま、リコー・ジャパンの皆さま、

ありがとうございました!