【開催報告】『人工知能・IoTの活用による業務効率化 ~人がやることとAIがやること~ 』(株式会社内田洋行主催イベント・基調講演)

 社長の冨田賢が、株式会社内田洋行様主催の

スーパー・カクテル・デイの

「基調講演」として、

『人工知能・IoTの活用による業務効率化 ~人がやることとAIがやること~ 』

として、90分間、お話をさせていただきました!

 

★開催告知をした際のWebページは、こちら!

★当イベント・セミナーのご案内PDF

こちら!Uchida_Tomita_AI_20170308

  

株式会社内田洋行 新川本社 ユビキタス協創広場 CANVAS にて、

開催されましたが、とてもオシャレな会場でした!


 
 
冨田は、普段、新規事業立ち上げや売上アップ・事業拡大の観点から、

IoTの事業化や、人工知能(AI)のビジネス利用に取り組んでいますが、

今回は、”業務効率化”という観点から、お話をさせていただきました。

人工知能の手法の一つの「アンサンブル機械学習」のデモも、いくつか行いました!

 

 

人工知能によって、人間の仕事がなくなるかについて論じた有名な、英国オックスフォード大学のカール・フライ博士とマイケル・A・オズボーン博士の論文
「未来の雇用」

THE FUTURE OF EMPLOYMENT: 
HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?
Carl Benedikt Frey and Michael A. Osborne September 17, 2013

http://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/downloads/academic/The_Future_of_Employment.pdf

の内容なども踏まえ、「人間がやることとAIがやること」という視点で、

AIベンチャーの事例やアメリカの完全IT化の事例などを御紹介いたしました。

いつもながら、人工知能と人間の共存・協調のオーグメンテーションに

ついても、解説しました。

 

60名くらいの方々にお聞きいただきましたが、

熱心に関心を持って聞いていただけました。

アンケート結果でも、

ーーー

素晴らしい基調講演でした。ありがとうございます。

基調講演は非常によかった!

業務に直結して役に立った。

ーーー

といった感想をいただきました。

 

 

それから、このたびの御訪問では、

内田洋行の大久保社長とも、いろいろ、お話ができて、

とても良い御訪問となりました!

 

皆様、たいへんありがとうございました。