冨田賢の英語論文”A Mathematical Model for Optimal Corporate Alliances : Evidence from Japan”が国際学術ジャーナルにアクセプトされました!

社長の冨田賢は、この2年半、慶應義塾大学(大学院政策・メディア研究科)からの

博士号取得に取り組んでおります。

 

2016年1月のハワイ・ホノルルで開催された

『Global Conference on Business and Finance』にて、

学会発表をし、アワード(Outstanding Research Award)を受賞

(学会発表及びアワード受賞の様子と発表内容は、こちら!

した内容を、加筆・修正した英語論文が、

経営学の国際学術ジャーナルIJMMRへの掲載がアクセプト

されました!


論文のPDFは、こちら!Tomita_Takefuji_A Mathematical Model for Optimal Corporate Alliances_20160205_Final

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

なお、その他にも、下記のように、2本、論文が学術雑誌への掲載がアクセプトされています。

 

冨田賢・武藤佳恭(2015)

「アライアンスの相互補完数理モデルの構築と実証分析 

~152社のコンサルティング先企業データを用いて」

『経営会計研究 第20巻第1号』(日本経営会計学会)掲載、

2015年10月発行済み  

論文のPDFは、こちら!

 

冨田賢・武藤佳恭(2016)

「アライアンスの相互補完・加算・相乗に関する数理モデルの提案とPython言語による実証

~152社の企業データをもとに~」

『ビジネスクリエーター研究第7号』(ビジネスクリエーター研究学会)、掲載許可、

2016年6月発行予定

論文のPDFはこちら!