【外部講演】『オープン・イノベーションで成功させるIoT分野の新規事業立ち上げ ~アライアンス活用による「知の範囲」の拡大と収益獲得~』(新社会システム総研主催)

社長の冨田賢が、新社会システム総研さんにて、

下記のテーマで、4月も、講演をさせていただきます!

 ★当セミナーのお申込み受付は、終了いたしました。

オープン・イノベーションで成功させるIoT分野の新規事業立ち上げ
~アライアンス活用による「知の範囲」の拡大と収益獲得~

毎回、実践的な新しい内容や最新動向を盛り込んでおります!

皆さん、是非、御参加いただけましたらと存じます。

よろしくお願いいたします。

★当セミナーのご案内パンフレットのPDF

==> SSK_Tomita_20160421_OpenInnovation_Shinkijigyo_Seminar

 

★当セミナーの詳細とお申し込み(新社会システム総研さんのサイト)は、こちら!

 

SSK 新社会システム総合研究所 TOPお問合せサイトマッププライバシーについて特定商取引に関する法律
セミナー調査レポート受託調査FAQ関連リンクメールサービス会社概要採用情報
セミナー
テキスト
DVD-ROM
トップ > セミナーカテゴリー > セミナーページ
セミナーテキストDVD-ROM

 and  or 

ブロードバンド&グローバル ブロードバンド&
グローバル
ワイヤレス&モバイル ワイヤレス&
モバイル
デジタル&ブロードキャスティング デジタル&
ブロードキャスティング
シルバー&ヘルスケア シルバー&
ヘルスケア
著作権&知的財産 著作権&知的財産
環境&エネルギー 環境&エネルギー
マネジメント&マーケティング マネジメント&
マーケティング
原財団IT特別セミナー 原財団IT特別セミナー
その他 その他
セミナー開催予定一覧
No.S16119 マネジメント&マーケティング戦略特別セミナー
オープン・イノベーションで成功させるIoT分野の新規事業立ち上げ
~アライアンス活用による「知の範囲」の拡大と収益獲得~

セミナー要項
開催日時 2016年4月21日(木)午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
(03)5532-8850
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,400円(税込)
備考:
 
重点講義内容
株式会社ティーシーコンサルティング 代表取締役社長
冨田 賢 (とみた さとし)氏
IoT(Internet of Things)は、新規事業立ち上げのメイン・フィールドとなっているものの、収益に結びついている企業はまだ少なく、2016年は「ハイプ・サイクル」の過剰な期待のピーク期を越えたと言えます。地に足を付けつつ、着実に加速度を付けて、新規事業立ち上げに取り組むべき時期となっています。
ニーズはあるにも関わらず、多くの企業で、IoTがビジネスとして成り立たないのは、なぜか?、どうすれば、ビジネスとして成り立つようにできるのか?、そのメカニズムをお話しします。
IoTを収益化するにあたっては、スピード・アップ、成功率アップ、コストの低減からも、アライアンスが重要となります。アライアンスの活用のためには、「オープン・イノベーション」の基礎理論を理解することも必要です。中長期的にイノベーションを生み出し、短期的に収益を獲得するためにも、企業の「知の範囲」をアライアンス活用によって広げることがポイントとなります。
講師は、技術分野ではなく、ビジネス(アライアンス、営業、新規事業の方向性、財務)の専門家です。技術開発だけでなく、ビジネス面での発想を多く取り入れましょう!講師のベストセラーとなっている著書『新規事業立ち上げの教科書 ~ビジネスリーダーが身に付けるべき最強スキル』の内容も踏まえたお得な内容となります。
エキサイティングなライブ講義、ぜひ、ご参加ください。

1.「ハイプ・サイクル」から見るIoT(Internet of Things)の動向

2.IoTの収益化にあたってのキモは何か?
  ~収益化のための2つのラインのクロス~ 

3.顧客の声を拾えていますか? ~ユーザー・ニーズの掴み方~

4.IoT開発のための資金投入の判断の仕方
  ~自社投資と収益事業、短期と中期~

5.IoTは、アライアンスの主戦場 ~これまでのITビジネスとの違い~ 

6.オープン・イノベーションの基礎理論 ~「コンピテンシー・トラップ」の回避~

7.「知の範囲」の広げ方 ~企業の境界線の拡張~

8.企業はなぜアライアンスをするのか? ~2つの基礎理論~

9.アライアンスにおける相互補完関係の重要性 ~Give and Take~

10.IoTにおける人工知能の重要さと新規事業立ち上げでの活用

11.質疑応答
講師プロフィール
冨田 賢(とみた さとし)氏
慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業。京都大学大学院経済学研究科修了、経済学修士。
米国系銀行を経て、1999年、独立系ベンチャーキャピタルの創業に参画し、多くのベンチャーに投資し、上場へと導く。
2001年、VC会社も2年半で上場達成。
2003年~大阪市立大学の社会人向け大学院・専任講師(ベンチャーファイナンス論、事業計画書作成指導)。米国ペンシルバニア大学及び中国上海交通大学にて在外研究。
住友信託銀行の専門職を経て、2008年~現職。
約7年で160社以上の驚異的なコンサルティング実績を有する。上場企業及び中堅・中小企業のコンサルティングを常に30社以上実施(約半分が上場企業)。アライアンス(事業提携)による新規事業の立ち上げと売上アップを得意とする。
オフィスは外苑前の青山通り沿いに立地。
年間70回以上のセミナー講演を行っている。
著書に『新規事業立ち上げの教科書~ビジネスリーダーが身につけるべき最強スキル』(総合法令出版)、『世界のエリートが教えるちょっとした仕事の心がけ』(マイナビ新書)などがある。
慶應義塾大学SFC研究所・上席所員として、人工知能の専門家である武藤佳恭教授とともに、IoTに取り組んでいる。
アライアンスの数理モデル研究にて、2016年1月国際学会にてアワード受賞。
申込みフォーム
copyright