【開催報告】『3時間で学ぶ IoT時代の新規事業立ち上げ戦略 ~アライアンス活用で収益に結び付けよう!~』(日刊工業新聞社主催)

日刊工業新聞社にて、

『3時間で学ぶ IoT時代の新規事業立ち上げ戦略

~アライアンス活用で収益に結び付けよう!~』

と題して、講演させていただきました。

 

※開催告知をした際のWebページ 


大手企業の方々と、中小・中堅企業の方々が半々くらいで、

30名弱の方々に、御参加いただきました!
(IT系や総合電機メーカーだけでなく、化学系、繊維系、

建設系、素材系の企業の方々に、御参加いただきました。)

 


 

IoTブームの「ハイプ・サイクル」や、IoTを収益事業にするためのポイント、

人工知能の機能やデモ、IoTの新規事業としてのタイプ、
オープン・イノベーションにおける「知の探索」と「知の進化 」、

「コンピテンシー・トラップ」、そして、アライアンスの基礎理論、

新規事業立ち上げの推進に向けて…として、90枚以上のスライドをもとに

お話をさせていただきました。


 

参加者の声(学んだことや、冨田賢へのメッセージ)は、下記の通りです。

 

=======

・参考になりました。ハートのある方ですね!

・パワポが分かりやすかったです。一枚の情報量が適度でかつ理解しやすい内容になっているので、頭に「スッ」と入ってきました。

・時間的にもちょうど良い感じでした。講師の方のしゃべりがとても明瞭で、聞きやすかった。

・ポイントが簡潔に分かって良かった。

・IoTについて、また新規事業についてもノウハウをうかがうことができました。大変ためになりました。ありがとうございました。

・非常に分かりやすい講演でした。アライアンスの為にとにかく人脈を広げることを実践してみようかと思っております。

・他社の技術との組み合わせの中で新製品、新事業の創出を目指していきたい。“目からウロコ”の話が多くありました。
・「コンピテンシー・トラップ」というワードに「はっ」とさせられました。本日は貴重なお話をありがとうございました。
・わかりやすくシンプルな内容で勉強になりました。
・大変わかり易い説明で良かった。わかっているつもりの内容であったが、整理して説明いただいたためより理解が深まった。
・IoTについてなんとなく知っていただけだったが、今回のセミナーで基礎的なことが理解できた。
・資料も説明も分かりやすかったです。新規とはただ新しく何をやるということではなく、ニーズ調査や事業(社会性)の方向性の重要さを深く感じました。
・ありがとうございます。トライしてみます。
・技術的な話が主と思っていたが、事業スキームの組み方などが分かりやすくためになった。
・お客様のニーズがどこにあるかの情報を、もっと調査しなければならないということを痛感した。
・間接部門でも分かりやすいお話でした。
・IoT推進部門での活動の参考になった。
・内容的にも分かりやすく、理解できました。
・アライアンスの手法等よく理解できた。
・基本的な考え方が分かって良かった。
======

御参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

過去数年にわたり、ほぼ毎月のように講演をさせていただいた
日刊工業新聞社でのセミナー講演は、今回が最後となりました。

今後は、新しい領域にて、さらにより良い講演を皆様にお届けできるように、
頑張って参りますので、皆様、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。