【開催報告】『新規事業部門のビジネスリーダーが 身につけるべき最強スキル ~アイディア発想から、戦略立案、アライアンス、事業計画書作成まで徹底解説!~』(新社会システム総合研究所主催)

昨年から講演させていただいている新社会システム総研さんにて、

11回目となる講演を行いました。

『新規事業部門のビジネスリーダーが 身につけるべき最強スキル ~アイディア発想から、戦略立案、アライアンス、事業計画書作成まで徹底解説!~』

と題して、社長の冨田賢が、3時間、

講演させていただきました。

 
大手企業の新規事業部門の方を中心に、20名弱の方々にお集まりいただきました。

 

冨田賢の著書『新規事業立ち上げの教科書 
   〜ビジネスリーダーが身につけるべき最強スキル〜』
 http://www.tcconsulting.co.jp/book2  (累計1万部)
に、最近の状況や事例、そして、IoT(Internet of Things)のことを盛り込んで、
お話をさせていただきました。


今回は、スライドを少し少なめにし、文字数も減らしたことで、最後に、十分、
質疑応答の時間を取ることができました。

今後も、このような運営を心がけたいと思っております。

 

 

御参加いただいた皆様のアンケートの結果は、以下です。

ーーーー

・新規事業をやっていて、うまくいかないことが明確に言及されていて、納得のいくものでした。

・撤収条件の事前明確化が必要というのは納得しました。

・語り口が明快で聞き易いです。

・共感できることが多かった。

・大変わかりやすかったです。ありがとうございます。やらなければならない課題が山積みであることを認識いたしました

・テンポが良く、聴き易いです。

・IoTのアイデア、ありがとうございます。

・新規事業について、ポイントを学ぶことができました。業界によって違うところもございますが、当法人で活用できるものを利用したいと思います。

・外部の視点の重要さを指摘されたことに勇気づけられました。(前々からそのように感じていたので。)

ーーーーー
 
御参加いただきました皆様、たいへんありがとうございました!



=====
当日の講演の目次は、下記となっております。参考まで。
【目次】

①継続した新規事業立ち上げの必要性とメリット

②新規事業のタイプとその組み合わせ

③競合の中で勝つという発想の重要性

④認知的遠方収益機会論

⑤シナリオ・ベース戦略手法

⑥リーン・スタートアップ

⑦アライアンスを活用する!

⑧アライアンスによる新製品開発

⑨撤収条件の設定

⑩ベンチャーキャピタルの投資理論の応用

⑪組織的抵抗問題の解決

⑫質疑応答

=====