ハワイ・ホノルルでの国際学会GCBF 2016でのアライアンスの数理モデル研究の学会発表とアワード(Outstanding Research Award)受賞のお知らせ!

冨田賢は、慶應義塾大学からの博士号取得に

あたっての活動として、ハワイのホノルルにて開催された

国際学会 2016 Global Conference on Business & Finance (GCBF)

にて、

論文名:A New Mathematical Model of Mutually Complementary

           for Corporate Alliances

         : Selection of Optimal Partners Using 8 Characteristics

を発表いたしました。

 

その結果、

本研究は、今学会にて、アワード(Outstanding Research Award)を、受賞いたしました!!

 

際立った優秀な研究に与えられる賞です。(1月7日の昼に、授賞式が開催されました。)

 

同時に、論文は、国際ジャーナル(学会誌)

International Journal of Management and Marketing Research(IJMMR)

にも掲載がアクセプトされました!!

 

以上、お知らせするとともに、下記に、写真を掲載いたします!

 

 

なお、発表内容と論文は、すでに学会のプロシーディングスとして、掲載済みですので、

下記からPDFでご覧いただけます。
Tomita_Takefuji_A New Mathematical Model of Mutually Complementary for Corporate Alliances_Revised20160102

 

1月5日の発表の際のプレゼン資料は、下記となります。

20160105_Hawaii_Tomita_Takefuji_Mathematical Model for Corporate Alliances_Final

 

なお、内容は、日本経営会計学会・学会誌に採択・掲載された

『アライアンスの相互補完数理モデルの構築と実証分析

 〜152社のコンサルティング先企業データを用いて』を

発展させたものとなっております。
『経営会計研究』掲載論文==> http://www.tcconsulting.co.jp/wp-content/uploads/Mathematical-Complementarity-Modeling_Tomita_Takejuji_2015.pdf

 

<このたび受賞したアワードの賞状>

 

<学会の最終日の1月7日に、盾の授与式がありました!>


 

<このたびの学会では、約20分間、英語で発表を行いました!>

※発表を聞いていただいた東工大の教授の方には、「日本人離れした堂々とした発表で、

質疑応答も、流暢でした」という過分なコメントをいただきました。

 

 

<別の学会でホノルル滞在中だった武藤先生も聞きに来て、くださりました!>
このたびのアワード受賞は、慶應義塾大学・環境情報学部教授の武藤佳恭先生の

ご指導のおかげです。
<

 

<学会発表の夜、アワードのお祝い会もしていただきました。小路さんとともに…>


 

<これからも、会社経営とともに、研究活動を頑張っていきたいと思っています!>

 

 

1月16日には、慶應義塾大学での博士号取得のためのフォーマル発表を、慶應・湘南藤沢キャンパス(SFC)にて、行います。

 

今後とも、アライアンスについての研究活動、その成果を生かして、

よりハイクオリティなコンサルティング・サービスとして、コンサルティング先企業の皆さまに

ご提供してまいります。