コンサルティング先企業のサニーヘルス株式会社が、シリコンバレーのベンチャーキャピタルと25億円の投資ファンドを設立いたしました!

コンサルティング先企業・サニーヘルス株式会社が

プレスリリースを出しました!

 

=====================

健康食品販売のサニーヘルスと米国Fenox Venture Capital、

事業の多角化・海外展開のための戦略的パートナーを発掘


https://www.atpress.ne.jp/news/77867

 

 

健康食品の販売をはじめ近年では太陽光発電事業を全国展開するなど事業の多角化を図るサニーヘルス株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:西村 峯満、以下 サニーヘルス)と、米国シリコンバレーに拠点を置くFenox Venture Capital(本社:米国カリフォルニア州、共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、以下 Fenox VC)は、共同で2,500万米ドル規模のファンドを設立いたしました。

サニーヘルスは、ファンドを通じたFenox VCとの提携により、Fenox VCの世界的なネットワークを活用し、競争力の高い技術を保有する新興企業の発掘、投資、並びに新規事業や海外展開につながるようなパートナーシップの締結を遂行して参ります。

「私たちの主力商品であるマイクロダイエットは日本国内で数多くの方々を減量成功に導いてきました。ダイエットは先進国、新興国を問わず人類共通のテーマであり、私たちは今後世界中でダイエットに挑戦する方々のサポートを行ってまいりたい。有力なグローバルネットワークを保有するFenox VCは、私たちのビジョンを共有し、目標の実現を可能にする戦略的提携を進める上で、適切なパートナーであると考えます」と、サニーヘルス代表取締役の西村 峯満は述べています。

「サニーヘルスを日本からの新たなパートナーとして迎えられることを非常に嬉しく思います。戦略的投資や買収を通じて、サニーヘルスの様な有力な日本企業の海外での存在感を高めて行きたいです」と、Fenox VC共同代表パートナー兼CEOのアニス・ウッザマンは述べています。

Fenox VCは、ファンド運用を通じた日本の大手企業の事業開発支援において多数の実績を有し、直近2年間で日本の大手企業12社と、パートナーシップを締結いたしました。また、投資を通じて、パートナー企業の事業開発の推進に尽力して参りました。Fenox VCは、日本の企業文化を理解し、効果的にパートナー企業のグローバル展開を支援するシリコンバレーの信頼できるパートナーを目指します。


■サニーヘルス株式会社について
サニーヘルスは、健康・ダイエット製品の販売を行う日本の企業です。代表的な製品であるマイクロダイエットは、その成果と安全性から、ダイエット食品としては類まれな27年以上のロングヒットセラーであり、これまでに1,000を超える病院や医療機関で導入されています。また近年では、2015年3月に稼働した東北最大級のメガソーラーをはじめ全国100箇所以上に太陽光発電を手がけるなど新規事業にも積極的に取り組んでいます。

サニーヘルス: http://www.sunnyhealth.co.jp/


■Fenox Venture Capitalについて
Fenox Venture Capitalは米国シリコンバレーに本社を構え、これまでに北米、日本、東南アジアにて約65社のスタートアップへの投資を実施しております。日本では、モバイル広告関連のメタップス、フラッシュアニメスタジオDLEや、EVバイクのテラモーターズ等への投資を行い、投資先企業の米国進出や東南アジア展開に際して支援を実施しました。また、日本の大手事業会社へ、世界中の技術情報提供やスタートアップとの提携を通じた事業開発支援も推進しております。

Fenox Venture Capital: http://www.fenoxvc.com/ja/