【開催報告】『アライアンスによる新規事業立ち上げ戦略』(日刊工業新聞社・メトロガイドセミナー)

毎月1回開催させていただいております

日刊工業新聞社主催のメトロガイドセミナーにて、

社長の冨田が、

『アライアンスによる新規事業立ち上げ戦略』

と題して、講演させていただきました!


東証1部上場企業やその子会社の方々を中心に、

中堅・中小企業の方々も含め、約30名の方に、ご参加いただきました。

新規事業や新製品開発、事業戦略などの責任者や担当者、そして、

社長の方をはじめ、新規事業立ち上げにご関心・課題を持つ方々で、

とても熱心に皆さんにお聞きいただきました。

 

開催告知をした際のWebページは、こちら! 

 




★参加者アンケートの結果は、次の通りです。

ーーーーー

●アライアンスのみならず、様々な業務に役立つ本質的な論点が多く含まれているように感じ、とても参考になりました。

●アライアンスに関して、理論的な整理ができた。

●非常に分かり易かったと思います。次回も参加します。

●検討段階では自社のメリットばかり考えてしまいがちだが、「補完関係」「経営資源の交換」といった観点での分析を加える事で、目的やゴールも明確になるヒントが得られました。

●アライアンス・マトリックスなど、フレームについて大変参考になった。

●アライアンスが目的の受講ではないですが、営業推進に役立つ内容が多くありました。

●アライアンス先企業にいる「人」を見るとの視点、とても新鮮でした。ビジネスは「人」であることを共感します。

●他社とのアライアンスはやはり有用だという自信が持てました。PDCAが重要、共通の行動指針の重要性など、基本的なところが、やはり重要であり、そこからの見直しが必要と実感。社内政治は苦手ですが、どんな事にもストーリー性をもって進めて行きたいと思います。

●アライアンスの考え方が整理できました。

●アライアンスとは、中身について整理が出来ました。自前主義が非常に強かった会社でしたが、社長の交替、特に国内ビジネスの低調、従来のビジネスモデルの崩壊・終焉が生じてきており、今まさに変革を実行する時期になっています。

●新規立ち上げに関して参考になった。

●同業他社の強み弱みはある程度調査できるが(精度良く)、異業種の強み(弱み)を調査するのは難しい。ここにコンサルの活用があるという事。最終的には業種に関係なく“人”ということですかね?

●上役に今考えているアイデアと説得するキーワード、フローを得ました。ありがとうございました。

●イノベーションのジレンマを越えられない。それが課題となっています。

ーーーーー


ご参加いただきました皆様、たいへんありがとうございました!


★次回のメトロガイドセミナーでの冨田賢の講演は、下記となります。

 

8月7日18:30~20:30は、

『新しい収益源を獲得するための新規事業立ち上げのノウハウ』

です。詳細とお申し込み => http://www.tcconsulting.co.jp/archives/5633

 

是非、セミナーでお会いしましょう♪